© 2014 Scratch Factory Aii right reserved. このサイト内に掲載している全てのデザイン・作品は無断で転載・使用する事はできません。

  • facebook
  • Twitter Round

June 27, 2019

今年もCreator's Showcaseの準備で、日々色んな方々との連絡が飛び交っております。

既に20名(組)以上の参加者さんが確定しておりまして、第1回を超える勢いとなっています。

普段はこういったイベントをされる方のサポートとして、会場装飾やレイアウト設計などを行っているのですが、キャンペーンやイベントで配布&使用するノベルティや商品の製作も承っています。

セールスプロモーションですから、それもお仕事。

そういった事もあり、どんなものを何個、いくらぐらいで作るのか?を想定したアイテム選定や製作も通常業務の一環として持っていて、もちろん発注先もケースバイケースです。

まだ発注実績はないけど、温存しているところも多数あったりします。

ある程度のロット数があれば、よっぽどでない限り業者さんを探すのはそう難しくはありません。

が、極小ロットでとなると話はガラリと変わります。

まずは単価の問題。

何個作ろうと基本の手間や料金は変わらない場合が多く、よって数量が少ないほどその基本料金が分散しにくいため、単価はかなり高くなってしまいます。

昨今はそれを企業努力で乗り切って、できるだけ単価を抑えた小ロット製作を受けていただけるところも増えてきました。

ヲタ系製作ショップが代表的ですよね。

極小ロットで販売に乗せられる単価で、更にクオリティを求めるとなると、もうアレだ、自分で何とかせいっ!という世界になります。ええ。

個人作家さんはずっとそれをわかって工夫している方が多いですよね。

プリンターや加工機械にもやたら詳し...

April 3, 2019

タイトルの通り、この春から「先生」という職種が増える事になりました。

北白川にある京都芸術デザイン専門学校で、空間系のプレゼン表現手法を教えるという…。

一抹の不安はありますが、一年間頑張ってみたいと思います。

お話が来たのが去年の年末。

グラフィックと空間をミックスさせた授業を、と考えて探しておられたそうで、何とこのサイトがヒット!

私もこの業界は若い人がすぐに辞めたりして長続きしない事を危惧していた頃で、お話を伺ってチャレンジする事になりました。

表面的なイメージはキラキラしてる仕事のように思われがちなのですが、案外体力もガッツもいる事が多い。

覚える事も多いから、他の仕事のように自分を確立するスピードは早くはありません。

以前、取引先にいた新卒入社の男子から「久しぶりに同級生と会うと、自分と比べてどんどん待遇も変わってるし、ものすごく差を感じて嫌になった」と聞かされ、それが理由で結構すぐに辞めてしまいました。

面白い仕事なのにな〜、覚えるとかできるようになるとか、楽しいと思うんだけどな〜。

なんて思っていたりしましたが、今は20代で独立する人も多いご時世、若ければ若いほど出遅れる事に負い目のようなものを感じやすいのかもしれません。

そんな事もあり、まだ社会に出る前に少しでもこの仕事の面白さが伝われば、積み上げる事の大切さがわかってもらえればと考え、非常勤講師のお話を受ける事にしました。

幸いにも産学連携を活発に行なっている学校ですので、実際の現場を想定しながら色んな話を盛り込んで、打たれ強いマイン...

February 11, 2019

先日の2月7・8日に大阪産業創造館で開催された「デザイン・クリエイティブ活用展」に出展して参りました。

お越し下さった皆さま、どうもありがとうございました!

Scratch Factoryとしては初チャレンジのビジネス系展示会。

いつも取引先のブース作りをお手伝いするばかりで、自分が出展する立場になると結構適当になってしまうのが露呈されてしまいましたね(笑)

パネル発注もギリギリで、会場へ直接納品してもらってその場で加工して、何とか間に合わせる事ができました。

(手前右上の吊りパネルがそれです)

今回のテーマは「デザインには裏(仕掛け)がある」。

いい感じにしてとか、オシャレでシュッとした感じにとか、デザインをお願いする際には見た目にばかりこだわってしまう事は結構あるもの。

でも、その裏では主旨が伝わるようにとデザイナーが色々と試行錯誤している事を少しでも分かっていただけたらな〜、という想いでこのテーマにしました。

私が手掛けるのはかなり幅広い範囲になりますが、根底にある基本は同じです。

必要なところへ分かりやすく、伝わるように。

普段のお仕事も少し見ていただくように、一部は未完成なブースに仕上げました。

2日間で少しずつ増えるという、実演形式のディスプレイです。

そして、延ばし延ばしになっていた「飽きない商い」についても、認知度を上げて行こう!とチラシを配布。

コンサルでも代理店でもない、私のようなSPデザイナーの立場でできる事を周知して行く事で、小規模のショップやこれからスタートする方々が「お店づくり...

August 23, 2018

昨日より「Creator's Showcase vol.2 Fabric Goods」が始まりました。

今回の参加者は13組。

各クリエイターがデザインした3重ガーゼハンカチとがま口を展示販売しています。

昨年の1回目でも色んな方にご参加いただいたこの企画イベント。

参加されている方々は、普段は自分のデザインしたものを販売する事がない方も多く、実は滅多にない機会だったりするのかもしれません。

今回の展示は壁面と天井を組み合わせ、イベント感を重視して、ガーゼハンカチをフラッグのように使っています。

絵柄を見てもらいやすいのと、空間としてのインパクトを少しでも作るようにしました。

展示什器はOffice Takoさんから木材を提供してもらい、結局作るのも手伝っていただきました。

カフェのDIYなイメージに合う形で、搬入出も楽なように簡易的なものにしています。

前回同様、パッケージ等の準備も一部の参加者さんにお手伝いをお願いして、パネルやPOPも作って、ちゃんと仕事もして(笑)

少しでも経費を抑えるために、普段の仕事で使っている資材や工具もフル活用です。

初日は台風の影響で夕方に閉店となってしまいましたが、後は何事もなく過ごせるように祈るばかりですね。

アメリカ村のど真ん中、まさかこのような場で開催できるとは思ってもみませんでした。

活動の一角でもあるメビック扇町の仲間内で関係者の方を紹介してもらい、カフェの存在と方向性を伺いました。

そこからスタッフの方々もご紹介いただき、こちらのイベントの趣旨や内容をお話しし...

April 28, 2018

今年もやって参りました「Creator's Showcase」。

第2回目は布雑貨です。

アイテムは三重ガーゼハンカチ・がま口・ジッパー付きトートバッグの3点。
織り糸を選べたり、表裏別デザインにできたり、今回も完全オリジナルの小ロットで製作が可能です。

参加費にはアイテム製作費を始め、DM、会場費、展示備品、データチェック等のイベントにかかる諸々の経費が全て含まれています。

日本国内在住でデータ作成が可能な方なら参加OKなこのイベント。

昨年は紙雑貨をテーマに23人のクリエイターが参加し、百貨店イベント内での販売を実施しました。

打ち上げもかなり盛り上がり、また皆で集まれたら、という意見も多かった充実したイベントになったと思います。

今回は原価も上がる事から、参加者さんは少ないのでは…と懸念していますが、さて、どうなりますやら。

(そうは言っても、前回も1〜2万近い参加費だったんですけどね〜)

現在、参加者を募集中です。

一緒に盛り上がってくれるクリエイターの方々に是非来ていただきたいイベントです。

<展示販売イベント開催概要>

募集締切:2018年5月28日(月)

データ受付締切:2018年6月10日(金)

日程:2017年8月23日(木)〜28日(火)
会場:SPINNS VINTAGE & CAFE
   大阪市中央区西心斎橋2-11-30
   ブルータスビル2F

<説明会概要>

日時:2018年5月14日(月) 19:00〜21:00
   ※受付:18:30〜

会場:SPINNS VINTAGE &...

November 12, 2017

メビック扇町のサイト内「クリエイターズファイル」に掲載していただきました。

これまでの遍歴や活動をピックアップしていただける機会なんて、私のような人種はそうそうありませんので(笑)

メビックでは今年の春からコーディネーターとしても活動させていただいているのですが、特定の顧客もなく独立してから色々とお世話になっているので、何かの形で恩返しができたらな〜、といつも思っています。

交流会などで色んな方々と出会いました。

そこでできた繋がりで、今も仲良くさせていただいている人達もいます。

一人であれもこれもやってると思われがちですが、結構沢山の人に助けられてるから成り立っているんですよね。

私の仕事は特にそうかも。

まだまだ納得の行く状態ではないから、これからもピンボールのようにあちこちぶつかりながらやって行くしかないですね。

ちなみに「人生は回転寿司」が私の標語です。

http://www.mebic.com/creators-file/6478.html

October 28, 2017

アミューズメントバー「Asobibar」の梅田と心斎橋の2店舗のハロウィンディスプレイをさせていただきました。

最近流行りのホラー系です。

たまたま友人にゴスな人がいるので、その人を頭に置きながら(笑)アイテムを集め、初回の打合せ・現調から2週間という短期間での施工でした。

ガイコツとかクモの巣とか、今は色んなアイテムがあるんですね。

普段はあまり使わないものを取り入れて、大変だったけど面白い現場になりました。

今週末はあちこちでゾンビ祭りでしょうか(笑)

大いに盛り上がっていただけるように☆

<Asobibar>

http://asobibar.net/

October 2, 2017

少しづつ手を付けているサイトですが、まだ完成はしていません。

自分でやると大変なものですね〜。

それでも慣れて行かなくては。。。

学生時代はドラフターやT定規で図面を描き、今やMACを操作してグラフィック作業や空間の完成イメージ作成までするようになりました。

時代の変化が一番大きい世代なのかもしれません。

独立して4年目。

随分と色々な方と知り合うようになり、大阪市のクリエイター支援施設であるメビック扇町のコーディネーターなんかもさせていただいている現在。

人を繋ぐ事も仕事のうちになるとは思ってもみませんでした。

私自身もそれだけ出会いに恵まれている方なんでしょう。きっと。

これからも色んなところで色んなお手伝いができるように、くれぐれも自分自身を見失わないように(笑)

まだまだやる事は沢山ありますものね。

頑張って働くぞ!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square